ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは、薬液の効果によって
歯を白く美しくすることです。
歯の表面は「エナメル質」という
半透明の組織で覆われています。
その中に黄色っぽい「象牙質」という組織があります。
その象牙質の色が半透明のエナメル質を通して
透けて見えることで歯が黄色っぽく
見えてしまうのです。
その象牙質の色を徐々に白くしていくことで、
ホワイトニングの効果が現れてきます。

治療について

01.治療の種類

歯科医院で行う
『オフィスホワイトニング』

自宅で自分で行う
『ホームホワイトニング』

両方並行して効果を上げる
『デュアルホワイトニング』

があります。

02.歯の色に対する対応

歯の色の変化は主に

①エナメル質の表面に汚れ(着色)がつく

②エナメル質内の象牙質の色が濃くなる

という2つが挙げられます。

上記の①に関してはクリーニングで表面の汚れを落とし
本来の歯の色を 取り戻すことで 回復します。

しかし それでも もっと 白くしたい場合は②の
象牙質の色の問題になってくるので
ホワイトニングの出番になってきます。

ホワイトニングは薬液の効果で象牙質の色を薄くして
いくことで徐々に白くキレイな歯の色にしていきます。

こんなお悩みをお抱えの方へ

歯に色がつく

解決策

歯の表面は、毎日歯磨きをしていても少しずつ、
飲食物の色素などが沈着していきます。
それらの汚れは歯の中ではなく、表面についた汚れですので専門のお掃除器具などを用いて
クリーニングすることで落とすことが出来ます。
歯の表面汚れを落とすことで、本来の歯の白さを取り戻します。


歯が黄色い

解決策

表面汚れをクリーニングで落として
”スッピン状態”になった歯でも
「まだ黄色い」「もっと白くしたい」
と感じる場合があります。
この場合の黄色さというのは表面汚れではなく、
歯の内部の「象牙質」の色なので 
ホワイトニングでないと落とせません。
先述のように専用の薬液の効果で
象牙質の色を落としていきます。
象牙質は加齢と共に色が濃くなっていくので
「若い時より歯が黄色くなった」
という現象も起きてきます。
勿論その様な方にも効果はあります。


ホワイトニングのよくある質問

Q01.色の変化はどれくらい実感できますか?
A01.施術前に口腔内写真を撮影しますので、施術後確認することが出来ます。年齢や食生活でも効果が変わってきます。
Q02.喫煙していますが、施術は可能ですか?
A02.可能ですが、色の改善が遅くなります。
Q03.再着色しますか?
A03.再着色はしますので、3~4か月毎にホワイトニングをして頂くのが理想です。
Q04.注意事項はありますか?
A04.コーヒー・紅茶・日本茶・カレーライスなどの色素の強い食べ物、飲み物は控えてください。