小児歯科とは?

お子さんのお口は大人とは違い、

生え変わりやまだまだ成長途上ということも
考慮しなくてはなりません。
「乳歯はどうせ抜けるのだから・・・」
と思っていると、
永久歯の歯並びや口腔内環境に
悪影響が出るケースもあります。
お子さんの時からキッチリと健康なお口にしていく事が、今後の健康なお口づくりに繋がります。

治療について

01.虫歯の治療

虫歯の治療については

大人の歯と余り違いはありません。

しかし 乳歯や お子さんの永久歯は

まだ柔らかく 虫歯になり易いということ、
そして歯の硬い部分が薄く、

大人と比べて神経に達し易いこと。

などが特徴です。

02.歯肉炎の治療

お子さんでも
スポーツドリンクやジュース、

お菓子をだらだら摂取して、

歯磨きが出来ていないと
歯茎が腫れて出血したり、
ご家族が
口臭を感じる場合もあります。

小さいお子さんの場合は

親御さんの仕上げ磨きが
必要なケースもあります。

03.歯並びの治療

お子さんの頭蓋骨と顎の成長は早く、
6歳で成人の90%近くまで

成長すると言われています。

歯並びや 噛み合わせの不正などは遺伝要因よりも
呼吸法や食生活などの生活習慣の影響が

大きいと言われています。

まずは 悪化させている 要因の除去と場合によっては
矯正治療が必要になってくる
ケースもあります。

小児歯科の特徴とは?

  • 1.乳歯や生えたばかりの永久歯は虫歯になり易い
  • 2.年齢によっては親御さんによる
    仕上げ磨きが重要になる
  • 3.遺伝よりも生活習慣の影響を受けやすい
  • 4.小児の頃から清潔なお口にして行く事で
    今後の健康なお口作りに役立つ

こんなお悩みをお抱えの方へ

虫歯が多い

解決策

歯磨きももちろん大切な要素ですが

お子さんの場合は、
生活習慣の影響が大きいです。

ジュースやスポーツドリンクを習慣的に飲んだり、お菓子をだらだらと食べる等々。

虫歯になり易くなる生活習慣には
注意しましょう。

こちらの治療がオススメです

歯並びが悪い

解決策

実は歯並びは遺伝よりも、
生活習慣の影響が大きいです。

指吸い、舌を嚙む、頬杖、口呼吸などなど。

特に口呼吸は歯並びに悪影響がある上に、
お口が乾いて虫歯になり易くなるため、

鼻呼吸を身に着けることが重要です。

こちらの治療がオススメです

小児科のよくある質問

Q01.歯磨きしても、子供の歯の汚れがおちませんが、なぜでしょうか?
A01.虫歯の可能性がありますので、一度当院を受診ください。
Q02.生えはじめの歯は虫歯になりやすいって本当ですか?
A02.本当です。生えたての歯は、未完成な状態ですので虫歯になりやすいです。
Q03.子供が歯医者に行くことを怖がっているのですが、どうしたらいいですか?
A03.お子様は歯科医院で何をするのか知らないので戸惑ってしまいます。歯科医院に場慣れさせ楽しい場所という印象を持ってもらう必要があります。
Q04.子どもの矯正って何歳ごろから始めればいいですか?
A04.子供の矯正は、通常、前歯が生え変わった6~7歳ごろから開始いたします。